1. ホーム
  2. 登録後の完全攻略マニュアル
  3. ≫ワクワクメールでポイント購入する時、どの決済方法がお得?

ワクワクメールでポイント購入する時、どの決済方法がお得?

ワクワクメールの決済ワクワクメールでポイントを購入する際の決済方法には、クレジットカード決済の他、銀行振込・ゆうちょ振込・コンビニ払い・電子マネー(楽天Edy、BitCash等)、更にアプリ版のAppleアカウント決済など、沢山の選択肢があります。

でも、どれでも好きな方法を選べばいいってわけじゃありません。実は実質かかる料金が決済方法ごとに違うんです。コレを知らずに損している人って結構多かったりするんですね。

決済方法によってサービスポイント量が違う!

ワクワクメールではポイントの購入金額に応じてサービスポイント(S)がもらえます。

サービスポイントとは、もらった日から180日以内に使い切らないと消滅するという条件は付きますが、通常のポイント(P)と全く同じように使えるオマケポイントのこと。

このオマケでもらえる量は決済方法によってエライ差があるんです。

5000円分購入した時のサービスポイント比較

5,000円分のポイントを購入した場合にもらえるサービスポイントを、主な決済方法ごとに比較してみます(10円分=1S)。

決済方法 サービス お得度
クレジット 2,000円分
銀行振込 2,000円分
ゆうちょ振込 1,500円分
コンビニ 500円分
Apple 1,050円分
Google 1,050円分

随分違いますね。クレジットカード決済や銀行振込なら2,000円分(200S)も付くのに、コンビニ払いだと500円分(50S)しか付きません。この差額1,500円はメール送信にすると30通分にもなるので馬鹿になりません。

ポイント購入金額がより大きくなると、この差額はもっと広がります。

クレジット決済or銀行振込みがお得だが・・・

ここまでで、ワクワクメールでポイントを購入するなら、クレジット決済か銀行振込みがお得なことは分かりました。

ただ、銀行振込の場合、ネット銀行でもない限り、振込に行く手間がかかる点、運営が振込確認してから手続きするので、クレジット決済に比べてポイント反映に時間がかかる点がデメリット。

対して、クレジットカード決済なら、自宅にいながらスマホでチョロッと手続きすれば、即効でポイントが追加されます。

というわけで、カードをお持ちなら、やっぱりクレジット決済一択ですね。カードがない場合は銀行振込みを選ぶのがいいと思います。

あ、ちなみにクレジット決済だと、利用明細の請求者名に「ワクワクメール」と記載されるのでは?と心配する方がいるかもしれませんね。

大丈夫!請求者名にはテレコムクレジットというカード代行会社が記載されます(実際の表記はTELECOM/TC/TECなど)。万が一、第三者が明細を見ても、出会い系のポイント購入とは分からないのでご安心を。

アプリ版での決済もオススメできませぬ!

また、ワクワクメールにはWEB版とアプリ版があり、最近はアプリ版利用者も増えてますが、実はアプリ版のAppleやGoogleの決済より、WEB版のクレジット決済や銀行振込の方がずっとお得。

そもそも決済に限らず、WEB版の方が機能も充実していて断然オススメなんですけどね(※詳しくはWEB版とアプリ版の使い分けについて参照)。

お得な決済方法まとめッス!

ワクワクメールの決済方法まとめどの決済方法を選ぶかは人それぞれの事情によりますが、もらえるサービスポイントにこれだけ差があることさえ分かっていれば、知らずに損することはなくなります。同じ金額を使ってポイントを購入するなら、できるだけお得に処理するべし!自分に許される選択肢の中から最も得する決済方法を選んで下さいね。

シェアはこちらから