1. ホーム
  2. 登録後の完全攻略マニュアル
  3. ≫ワクワクメールでポイント購入する時、どの決済方法がお得?

ワクワクメールでポイント購入する時、どの決済方法がお得?

ワクワクメールの決済ワクワクメールでポイントを購入する際の決済方法には、クレジットカード決済の他、銀行振込・コンビニ払い・電子マネー(楽天Edy、BitCash等)、更にアプリ版のAppleアカウント決済など、沢山の選択肢があります。

でも、どれでも好きな方法で支払えばいいってわけじゃありません。というのも、同じ金額のお金を使っても選ぶ決済方法ごとに実質かかる料金が違うんです。

コレを知らないために損している男性って結構多かったりするんですね。マジでもったいないですよ…。

この記事では、2020年ワクワクメールで選ぶべきお得な決済方法について分かりやすく解説します。

ワクワクメールの決済方法を整理

最初にワクワクメールで用意されている決済方法を簡単に整理しておきますね。

ワクワクメールにはWEBブラウザからアクセスして利用するWEB版と公式アプリストアからスマホにダウンロードして使うアプリ版があります。詳しくは次の記事を参照下さい。

で、WEB版とアプリ版では利用可能な決済方法が違います。正確にはiOS(iPhone)アプリ版だけ特殊なので注意ですよ。

決済方法 WEB版 アプリ版
(Android)
アプリ版
(iOS)
クレジットカード決済
Paidy翌月払い
銀行振込
ジャパンネットバンク
ゆうちょ振込
コンビニ払い
電子マネー
Appleアカウント決済
(Apple ID決済)

決済方法によってサービスポイント量が違う!

ワクワクメールではポイントの購入金額に応じてサービスポイント(S)をもらえます。

サービスポイントとは、通常のポイント(P)と全く同じように使えるオマケポイントのこと(※ただしSはもらった日から180日以内に使い切らないと消滅する点に注意)。

同じ金額を払っても、決済方法によってサービスポイント量にエライ違いがあるんです。

当然、サービスポイントを多くもらえる支払い方法を選んだ方が実質1ポイント当たりの購入単価は下がり、お得なわけです。

3000円分購入した時のサービスポイント比較

というわけで、3,000円分(Appleアカウント決済だけは3,060円分)のポイントを購入した場合にもらえるサービスポイントを、主な決済方法ごとに比較してみました。サービスポイント1Sを10円に換算しています。

決済方法 サービス お得度
クレジットカード決済 1,000円分
Paidy翌月払い 500円分
銀行振込 1,000円分
ジャパンネットバンク 700円分
ゆうちょ振込 700円分
コンビニ払い 200円分
電子マネー 200円分
Appleアカウント決済 490円分

もらえるサービスポイントが随分違いますね。クレジットカード決済と銀行振込なら1,000円分=100Sも付くのに、コンビニ払いと電子マネーだと200円分=20Sしか付きません。差額800円はメール送信にすると16通分にもなるので馬鹿になりませんよ。

3,000円分のポイントを購入するケースで比較しましたが、購入金額がもっと大きくなると、この差額は更に広がります。

クレジット決済or銀行振込がお得だが・・・

というわけでワクワクメールでポイントを購入するなら、クレジットカード決済か銀行振込でのお支払いがお得なことは分かりました。

ただ、銀行振込の場合、ネット銀行でもない限り銀行やATMの営業時間内に振込に行く手間がかかる点、ワクワクメール運営が振込の完了を確認してから手続きするのでクレジット決済に比べてポイント反映に時間がかかる点、別途振込手数料がかかる点がデメリット。

対して、クレジットカード決済なら、自宅にいながらスマホでチョロッと手続きすれば、真夜中でも即効でポイントが追加されます。

というわけで、カードをお持ちならクレジット決済一択!カードがない場合は銀行振込みを選ぶのがいいと思います。

あ、たぶん「クレジットカード決済だと、利用明細の請求者名にワクワクメールと書かれていたら困るべよ」って方もいるんじゃないでしょうか。

大丈夫です。請求者名には「ワクワクメール」ではなくカード代行会社が記載されます。各ブランドごとに記載される名称は次の通り。

  • VISA…「Cチェック」と記載される
  • MASTER、JCB、AMEX、DINERS…「コレット」と記載される

万が一、第三者がカード利用明細を見ても、出会い系サイトのポイント購入分とは分からないのでご安心下さい。

アプリ内課金が割高な理由

最後に、アプリ版で決済する「アプリ内課金」の方がクレジットカード決済や銀行振込より割高な理由について解説しておきます。

これはワクワクメールに限らず、他の全てのマッチングアプリにも共通する仕組みなので、覚えておくといいですね。

■アプリ内課金とは?

  • iOS(iPhone)版アプリ内で課金…Apple ID決済(ワクメの場合はAppleアカウント決済と表記されている)
  • Android版アプリ内で課金…Goolge Play決済(ワクメの場合はAndroid版アプリでもWEB版と同じ決済方法が使えるので覚える必要ナシ)

アプリ内課金の方が割高なのは、出会い系運営会社がAppleやGoogleへ手数料を支払う仕組みになっているため。その分、ユーザーに付与するサービスポイントを少なくしているんです。

ワクワクメールの場合、Androidアプリ版でもWEB版と同じくクレジットカード決済や銀行振込を使えるため問題ないのですが、iOSアプリ版を使っている方は注意。

知らずにApple ID決済を使うと損ですよ。iPhoneユーザーの方がポイントを購入する際はWEB版にログインして、クレジットカード決済や銀行振込でポイントを購入することをオススメします。

ま、そもそも決済に限らず、機能面でもアプリ版よりWEB版の方が充実していて断然オススメなんですけどね。

ワクメのお得な支払い方法まとめ

まとめどの決済方法を選ぶかは人それぞれの事情にもよりますが、もらえるサービスポイントにこれだけ差があることさえ分かっていれば、知らずに損することはなくなります。同じ金額を使ってポイントを購入するなら、できるだけお得に処理するべし!自分に許される選択肢の中から最も得する支払い方法を選んで下さいね。

シェアはこちらから