1. ホーム
  2. 登録する前の不安解消
  3. ≫ワクワクメールは知り合いや友達にバレる?バレない対策まとめ

ワクワクメールは知り合いや友達にバレる?バレない対策まとめ

友達にバレないための対策まとめました!
ワクワクメールを利用していることが知り合いや友達にバレるんじゃないか?そんな不安をお持ちかもしれません。

でも僕の経験で言えば、バレる確率ってかなーり低いです。というのも自分の場合、長年ワクメを利用していて、知人を見つけたことが一度もないんですよ。同じ活動エリアには何万人ものユーザーがいるわけですし。

だからって、自分が見つかっていないとは限らないですけどね(^_^;)

ただ、僕を見つけたってことは相手もワクワクメールを使っているわけで、お互い様って話です。友達バレに神経質になりすぎると、ネット恋活自体ができなくなってしまいます。

とは言え、身バレの可能性を減らす設定や機能を知って対策しておくことは大事。というわけで、この記事ではワクワクメールで知り合いにバレない対策をまるっとまとめておきます。

ワクワクメールの利用が知人にバレるパターン

そもそも、ワクワクメールの利用が友達にバレるのはどんな時でしょうか?

  1. プロフ検索(写真検索含む)で見つかる
  2. 募集掲示板の投稿が見つかる
  3. 日記・つぶやきの投稿が見つかる
  4. 知人に足あとを残してしまい見つかる

このいずれかでほぼ100%ですね。このうち圧倒的に可能性が高いのは1の検索です。

掲示板では古い投稿がどんどん下に追いやられていくので、たまたま知人が見たタイミングで上位に表示されている確率を考えたら極めて低い。見つかるのは運がないとしか言いようがありません。

日記やつぶやきはそもそも使っているユーザー比率はそれほど高くないので、やはり見つかる確率は低いし、わずかな可能性も心配なら投稿しなければ済むことでもあります。

間違えて残してしまった足あとは、知人と気付いた時点で、後に解説する「ブロック」機能を使えば消えます。

また、検索にしても掲示板にしても、一覧のニックネーム・年齢・地域を見ただけで知人が気付くことも普通ありません。やはり身バレするのは顔写真を掲載している時に限りと言っていいと思います。

ですから、どうしても心配という方は顔写真を掲載しなければ、その時点で誰かに特定される可能性はまずなくなります。

ただーし!一方で顔写真を掲載しないとメールの返信率は下がり、出会いのチャンスを逃します。ここがジレンマ。今や写真はマッチング率アップの重要な要素になってますから。

これを踏まえた上で、できるだけマッチング率を落とさず、つまりは顔写真を掲載しながらも身バレを防ぐ対策を見ていきます。基本的には「必須の対策」をやっておけばOK。他はどうしても不安な人向けですね。

必須の身バレ対策

必須の対策は、異性のプロフ検索だけに自分を表示させること、万が一知人を見つけたらブロックすることです。僕はこの2つしかやってません。

異性のプロフ検索だけに自分を表示

ワクワクメールでは、プロフィール・写真検索に自分を表示させるかを選択できます。手順を簡単に解説すると・・・

「各種設定」にあるプライバシー設定コーナーの「プロフ検索設定」をタップ。

ワクワクメールのプライバシー設定

プロフ検索設定画面が開いたら、公開範囲を設定します。

ワクワクメールのプロフ検索設定

  1. 全員に表示→男女会員の検索に表示される
  2. 女性のみ表示→女性会員が検索した時のみ表示。ちなみに女性の場合は「男性のみ表示」を選べる。
  3. 表示しない→全ての会員の検索に表示されない。非公開。

ここで1の全員に表示になっていると、同性が検索したときにも、あなたのプロフィールが表示されてしまいます。LGBTの方じゃない限りは、同性に表示する必要って全くないはず。

たぶんデフォルトでは「全員に表示」になっていると思うので(←昔登録したので自信ない・・・)、男性なら「女性のみ表示」女性なら「男性のみ表示」にしておくべし!

これで同性の友達から見つかる可能性はなくなります。残るは異性の知人だけですね。

万が一知人を見つけたらブロックする

万が一、知人を見つけたら、相手のプロフィールにある「ブロックリストに入れる」ボタンをタップするべし!

ワクワクメールブロックリスト

今後、ブロックリストに入れた相手が検索しても、あなたのプロフィールは一切表示されないし、相手のプロフを見た時に付いたあなたの足あともちゃんと削除されます。

ブロックした相手に対しては、あなたの存在を綺麗さっぱり消し去ることができるわけです。

ただ、冒頭にも書いたように、僕は今までに知人を見つけたこと自体がないですけどね。

やっておくと安心な身バレ対策

僕は必須の対策しかやってないし、それで充分だと思ってますが、まだ心配な方は次の対策もやっておくといいです。

ニックネームに名前を使わない

僕の場合は本名の下の名前にしちゃってます。でも、より慎重に行くなら、全然関係ないニックネームにしておくと本人特定されにくくなります。

写真を見て「あれ?○○さんじゃない?」となり、そこでニックネームが下の名前だったりすれば、すぐに特定されてしまいますから。

Facebook連携

登録前の方はワクワクメールにFacebookアカウントで登録する、既に登録済みの方は「Facebook連携」をすると、Facebook連携機能が働きます。

Facebook連携をしている人同士は、FB上で友達になっている場合、お互いにワクメ内で表示されないメリットがあります。その分、見つかる可能性がある知人の数が減りますね。

ワクワクメールのFacebook連携

ただし、ワクワクメールでFacebook連携をしている人って、それほど多くありません。ですから、身バレ対策としては正直大きな効果はなく、やっておくと少し安心かも程度。

でも、認証を済ませると、プロフィールには次のように表示されるので、相手から見た時の信頼度アップの効果はあります。その点ではセルフィー認証の方が遙かに効果的ですけどね。

Facebook連携済み表示

あ、連携なんてしたら、Facebook上に「ワクワクメールに登録しました」した的な情報が流れてしまうんじゃね?と心配する方もいるかもしれませんが、FBには一切投稿されないのでご安心を。

ワクワクフェイスを利用

ワクワクメールには顔写真を元に、無料で似顔絵を1枚作成してくれる「ワクワクフェイス」というサービスがあります。

ワクワクフェイス

相手側から見ると顔写真の方がより安心感が強いのですが、写真を載せるのは絶対イヤだ!という方は利用してみて下さい。

イラストなので、写真よりも身バレしにくくなります。それでいて、顔の雰囲気は分かるので、メール返信率も大きく落とさなくて済みます。

申し込みも簡単。全てネットで完結します。

WEB版ワクワクメールの下にあるメニューバーの「サービス」をタップすると、メニューが表示され、その中に「ワクワクフェイス」のアイコンがあります。

ワクワクフェイスの入口

アイコンをタップすると、ワクワクフェイス申し込みページが表示されるので、あとは指示通りに写真をアップし、イラストのテイストを選択して申し込むだけ。完成した似顔絵はメールで送られてきます。

ワクワクフェイス申し込み方法

どうしても不安な方の身バレ対策

ここからは僕的にはオススメしませんが、出会いのチャンスを犠牲にしてでも、友達バレ防止を優先するという方向けの対策です。

プロフ検索に表示させない

先程「必須の身バレ対策」のところで、プロフ検索・写真検索に自分を表示させるか選択する手順を書きました。

ワクワクメールのプロフ検索設定

ここで「表示しない」を選択すると、あなたのプロフは検索に表示されなくなります(=非公開)。

これで写真を掲載していても、掲示板・日記・つぶやきなどに投稿していない限りは知人に見つかる確率はゼロになります。

検索に表示させなくても、あなたからメールしたり、足あとをつけたりすれば、その相手からはあなたのプロフィールを見ることができます。狙った相手だけに見られる状態にできるわけですね。

ただし当然ながら、検索からの流入が一切なくなるため、掲示板などに投稿しない限り、異性からの足あとも付かなくなります。

足あとを残してくれた人は、あなたに何らかの興味を持ってくれた人であり、マッチング率高めな相手です。そのリストが手に入らなくなるのは痛いですね。

また、男性の場合は女性側から先にメールが来るケースってそれほど多くない(←業者や援助を除く)ですが、女性の場合は待っていてもプロフ検索からファーストメールを送ってくる男性が多い。それがなくなるデメリットは大きいと思います。

顔がはっきり分からない写真を掲載

遠目からの写真、顔の一部をボカシたり塗りつぶしたりした写真など、本人と特定しにくい画像をプロフィールに掲載する方法。

顔が分かる写真に比べるとメール返信率は落ちますが、何も掲載しないよりはいいと思います。

ワクワクメールで友達バレを防ぐ対策まとめ

ワクワクメールの電話番号認証と年齢確認まとめワクワクメールでは必須の対策さえやっておけば、友達に見つかる確率は低いのですが、どうしても不安な方は状況に応じて他の対策を試して下さい。ただし、ネット恋活では身バレリスクを下げるほど、出会いのチャンスも減ります。それよりも、早くベストパートナーを見つけて退会することに集中した方がいいかもしれません。

ワクワクメールの評判と評価を確認

シェアはこちらから