1. ホーム
  2. 他の大手出会い系と比較
  3. ≫ワクワクメールとハッピーメールを徹底比較してみた!

ワクワクメールとハッピーメールを徹底比較してみた!

どっちが出会えるんだべ?
ポイント制の優良出会い系アプリとしてよく比較されるハッピーメールとワクワクメール。この2つ、2000年代前半からマッチングサービス業界を牽引してきた両横綱と言っていいと思います。

ともに婚活というよりも、カジュアルに出会えるパートナー探し(遊び相手・大人の出会い・友達・恋人探し)に向いている点では一致しています。

でも「それぞれどんな違いがあって、どっちが本当に出会えるのよ?」という疑問をお持ちの方も多いんじゃないでしょうか?

この記事ではワクワクメールとハッピーメールを各項目ごとに徹底比較。違いを分かりやすく解説していきます!

基本スペックを比較!

ワクワクメール ハッピーメール
運営者 (株)ワクワクコミュニケーションズ (株)アイベック
運営歴 2001年~ 2001年~
会員数 870万人 2000万人
動画

運営会社の本社所在地はワクワクコミュニケーションズが東京都港区、アイベックが福岡県福岡市(渋谷に東京オフィスあり)。サービス運営歴はともに20年近い老舗であり、文句なしの実績ですね。

公式発表の会員数は2020年7月時点でハピメの方が2.3倍も多い。ただ、そもそも公式発表の会員数って、ぶっちゃけ信頼性に乏しいんですよ。優良と言われている出会い系サイトでも数字の出し方が怪しいですし…。

僕は昔から、この数字を見て来ましたが、ある日を境に急に3倍ぐらいに増えたところもあります。現実ありえませんよね…。

例えば、ワクメより明らかに活気がないYYC(ワイワイシー)も現在1400万人などとうたっています。

そんな中、過去から会員数の上がり具合に不自然さがないのがワクワクメール。ココはかなり正直に数字を出している気がします。

一方でハッピーメールの2000万人超えというのはマユツバ。日本の人口の約16%ですからね。ホンマかいなと…(^_^;)

アクティブ会員数の差は1.5倍前後?

それに公式発表の会員数ってサービス開始からの累計であって、今現在の登録会員数を示すものじゃありません。退会者も含まれているし、もっと言えば幽霊会員や業者の類も含まれています。

累計会員数を単純比較して出会いやすさを論じている紹介サイトも多いんですが、実はそれって間違いで、本来見るべきは実際に活動しているアクティブ会員数と男女バランス、更に会員の質ですよ。

というわけで大手出会い系サイトで同日同時間帯、ピュア募集掲示板に書き込まれた女性ユーザーの投稿件数を集計した結果が次の通り。この数字を見るとアクティブ会員数の優劣がある程度分かります。

■女性の掲示板投稿数比較

・ワクワクメール 59件
・ハッピーメール 76件
・PCMAX 58件
・YYC 37件
・イククル 32件

集計する日や時間帯によっても違いは出ますが、ワクワクメールとハッピーメールのアクティブ会員数の差は実際には2.4倍もなく、だいたい1.5倍前後だと思います。

会員数はハピメがやや有利という感じですが、もっと大事な男女バランスと会員の質については、後半で解説します。

料金を比較!

ワクワクメール、ハッピーメールともに女性は完全無料で、男性は有料のポイント制。出会い系アプリで特にポイント消費の多い基本機能の料金は次の通りです(1P=10円)。

基本機能の料金比較

ワクワクメール ハッピーメール
メール受信 無料 無料
メール送信 50円 50円
※登録7日以内の初心者には70円
プロフ閲覧 無料 無料
メイン写真閲覧 20円 1枚目無料

まず、特筆すべきはプロフィール閲覧の料金です。PCMAXやYYCなど、他の大手ポイント制が10円取る中にあって、ワクワクメール・ハッピーメールともに無料なんです。これはかなーり良心的。

元々はワクワクメールが業界の慣例を打ち破って無料化に踏み切り、ハッピーメールだけが追随した経緯があります。さすがは東西の横綱同士、一歩も譲りませんね。

で、違うのがメール送信の料金。ワクメは一律50円ですが、ハピメはプロフィールに若葉マークが表示されている初心者(登録7日以内の女性)に対しては70円かかります。

ハッピーメールの場合、男子が大好きな初心者女性に対しての競争率が緩和されるメリットがある一方で、アプローチする相手の選び方によってはワクワクメールよりお金がかかる仕組みです。

メイン写真閲覧(写真の拡大表示)について、ハッピーメールが無料なのは良心的。ワクワクメールは20円、ちなみにPCMAXは30円かかります。

ワクメも小さなアイコンで写真が表示されるので無料で済まそうと思えば済むんですが(←拡大表示すると20円消費)、ハピメは無料で大きく見られるので便利に感じます。

サービスポイント

かつてワクワクメールは200円分のサービスポイント、ハッピーメールは150円分のメールチケットをメールで配信していたんですが、現在、ハピメは配信をやめてしまいました。残念。

ワクワクメールは2020年も引き続き、一ヶ月に1回200円分のサービスポイント配信を続けています。

また、詳しくは次の記事にまとめた通り、ワクメは姉妹SNSのワクプラに登録してプロフを作ると最大1,000円分、セルフィー認証を済ませると500円分など、無料でもらえるサービスポイントの量がハピメより圧倒的に多い!

ここはワクワクメールの圧勝と言えます。

お試しポイント

初めて登録した時にもらえる「お試しポイント」はワクワクメールもハッピーメールも最大1,200円分で互角。

でも、ご案内しているように、当サイトではワクワクメールに登録すると、オリジナル特典としてプラス500円分のお試しポイントをプレゼントしているので最大1,700円分

なら「ワクメの方がハピメより500円分多い」と思いきや…

僕の粘り強い交渉の結果、ハッピーメールでもプラス500円分の特典をプレゼントできるようになりました!自画自賛スイマセン!

特典付きの登録リンクは、この記事の最後にご案内します。というわけで、お試しポイントは両者差がありません。

ちなみに他の有名出会い系サイトのお試しポイントって、PCMAXが最大600円分、ワイワイシーが最大450円分、イククルが最大800円分。1,700円分がいかに破格か分かると思います。

料金面を総合すると、ワクワクメールの方がサービスポイントが圧倒的に多い分、かなーり有利ですね。

出会いやすさ比較

やはり出会い系サイトの真価は「出会いやすさ」で決まります。先述の通り、出会いやすさに特に強く影響するのは会員の質と男女バランスです。

サクラと業者

ともに長年、サクラを雇わずに健全な運営を続けてきた数少ない出会い系。例えば、PCMAXなどは過去、明らかにサクラを使っていましたし(^_^;)

業者に対する取り締まりも両者ともに力を入れていますが、実はハッピーメールは2015年に援助交際目的やデリ業者の書き込みを放置していた容疑で、行政処分を受けた黒歴史があります。

業界トップリーダーへの見せしめ的な意味合いもあったとは思うんですが、その後ハピメも取り組みを改善して現在にいたります。

その点、ワクワクメールの方が過去から一貫して誠実な運営を続けている気がします。2019年には出会い系アプリで唯一セルフィー認証(本人確認)まで導入しました。

業者の数はワクワクメールの方が遥かに少ない。次の口コミにもあるように、僕も迷いなくワクメに軍配ですね。

最近は自分でロクに使わずに、有名というだけでハッピーメールやPCMAXを推しているマッチングアプリ紹介サイトが多いんですが、本当にちゃんと使っている方ならワクワクメールの業者の少なさを実感しているはず。

もちろん業者は見分けられますが、より少ない方が初心者向き。ワクメ・ハピメ・PCMAXの出会い系御三家の中でも、僕が特にワクメを初心者にオススメしている理由の1つがコレですね。

男女バランス

男女バランスはともに非公開なので正確なところは分かりませんが、恐らくはワクワクメールもハッピーメールも優良出会い系の条件と言われる男女比7:3辺りをキープしているものと思われます。

また、僕自身のデート到達率から判断すると、他の人気出会い系集団から1歩2歩抜けた両雄であることは間違いなく、ココが永らく業界の横綱を張っている所以だと思います。

ただ、そんな中でも僕はワクワクメールの方がハッピーメールよりマッチングしやすいと感じています。これは次に触れる会員の質も影響していますね。

会員の質

出会い系サイトに出会い目的ではなく、ポイントをためて換金する目的で参加している小遣い稼ぎ女性、いわゆるキャッシュバッカーは2020年現在ほとんど絶滅しています。

それでも、まだ完全にゼロとは言えず、キャッシュバッカーの数はワクワクメールよりハッピーメールの方がちょっとだけ多めに感じます。

というのも、ワクメにはポイントを換金するキャッシュバック制度がないため。一方ハピメにはこの制度があります。

ただ、ハッピーメールもメッセージ交換1往復で4円と換金率は良くないので(100往復もしてやっと200円…)先程も書いたように、ほぼ気にする必要ないレベルですけどね。

一方、ワクワクメールは運営がパパ活を容認しているのでパパ活目的の女子が多い。

パパ活は建前上は体の関係NGなので、メシモク(食事だけ目当て)女子が多いんですよね。一方、ハッピーメールはパパ活の掲示板投稿禁止です。

まとめると、相対的に援デリ業者が多めのハッピーメール、パパ活女子が多めのワクワクメールという感じ。

ま、パパ活女子はあくまで一般女性なので、そんな点ではワクメの方が会員の質は上かと。真剣に出会いを探している素人女性はワクワクメールの方が多く、よりマッチングしやすいと感じます。

ちなみにユーザー年齢層はともに20代が最大ボリュームなのは変わりないんですが、特徴としてはワクワクメールは10代、30代、40代にもユーザーが分散している。ハッピーメールは20代への集中度が非常に高い感じですね。

コミュニケーション機能

出会い系アプリの機能と言えば、大昔は掲示板とメールぐらいなもんでしたが、今は違います。その他のコミュニケーション機能、例えば日記やコミュニティ(趣味のサークル)などを取り込んで、SNS化しないと生き残れなくなりました。

また、これらの機能を活用すると、今まで有料メールでやり取りしていたことが無料でできるようになり、よりローコストでの攻略が可能になります。主なコミュニケーション機能を比較してみますね。

ワクワクメール ハッピーメール
日記
伝言板
つぶやき
チャット
おしゃべり
コミュニティ

ご覧のように、ワクワクメールのコミュニケーション機能の充実度はハンパない。

特に伝言板のひそひそメッセージは文字数60文字の制限はありますが、ポイント消費2pt=20円でメッセージ機能の代替えに使えます。ハッピーメールにはなく、この違いはコストにも影響しますね。ここはワクワクメールの勝利。

サポート

ワクワクメールの問い合わせはメール24時間受付ですが、電話は10時~深夜1時の対応。一方、ハッピーメールはメールはもちろん、業界で唯一、電話も24時間対応。これは素晴らしい!

ちなみに優良出会い系と言われる中でもPCMAXやYYCは電話サポートをやめてしまい、今はメールサポートしかありません。公式では24時間サポートとうたってるんですけどね。メールなら24時間受付なんて当たり前ですから(^_^;)

総合比較

まとめ会員数が多いのはハッピーメールの方、でも会員の質(素人女性の多さ)とコスト面ではワクワクメールに分があり、総合力はワクメ優勢というのが僕の結論。どちらか1つだけ選ぶなら、僕的にはワクメをおすすめしますが、実際には併用しているユーザーがほとんどだし、それがベストだと思います。掛け持ちしやすいのが定額制と違うポイント制のメリットですから。

また、先述のように当サイトから登録すると、ワクメもハピメも通常の最大1200円分にプラスして、500円分のお試しポイント特典があります(※通常は登録直後50ptのところ、当サイトからの登録だと100ptになります)。

是非、スタートダッシュにお役立て下さいまし!

ワクワクメール特典付き登録
ハッピーメール特典付き登録

シェアはこちらから