1. ホーム
  2. 他の大手出会い系と比較
  3. ≫ワクワクメールとハッピーメールを徹底比較してみた!

ワクワクメールとハッピーメールを徹底比較してみた!

どっちが出会えるんだべ?
ワクワクメールとよく比較される優良出会い系サイトがハッピーメール。この2つ、ともに2000年代前半から業界を牽引してきた両横綱と言っていいと思います。でも、どちらが使えるんでしょうか?

ここではワクワクメールとハッピーメールを各項目ごとに徹底比較。その違いを分かりやすく解説していきます!

基本スペックを比較!

ワクワクメール ハッピーメール
運営者 (株)ワクワクコミュニケーションズ (株)アイベック
運営歴 2001年~ 2001年~
会員数 808万人 2000万人

 
運営会社の本社所在地は(株)ワクワクコミュニケーションズが東京都港区、(株)アイベックが福岡県福岡市(渋谷に東京オフィスあり)。東の横綱がワクワクメール、西の横綱がハッピーメールという感じでしょうか。

サービス運営歴はともに15年を超える老舗であり、文句なしの実績で互角。でも、会員数はハピメの方が2倍以上多い。

ただ、僕はそもそも出会い系公式サイトが公開している会員数の信頼性にはぶっちゃけ疑問を持ってます(※ちなみにこの数字ってサービス開始からの累計で、今の会員数を示すものでもありません)。

というのも昔からこの数字を追ってきましたが、優良と言われているところでさえも怪しい動きがあるため。つい先日まで300万人だったのに、ある時から急に3倍ぐらいに増えたところもあります。

ワクワクメールより明らかに活気がないYYC(ワイワイシー)も1300万人とかうたってますし。

そんな中、過去からの会員数の上がり具合に不自然さがないのがワクワクメール。ココはかなり正直に数字を出している気がします。

一方でハッピーメールの2000万人というのはマユツバな気も・・・。日本の人口の約16%ですから、ホンマかいなと・・・(^_^;)

僕は実際に活動しているアクティブな会員数は2倍以上の差まではないと見てます。もっと大事なのは、アクティブ会員の男女バランスと質ですしね。

そんなわけで、会員数はともに僕が人気サービスの最低条件と考えている300万人を遙かに越えているので合格!ぐらいに見ておけばOKでしょう。

料金を比較!

ワクメ、ハピメともに男性は有料のポイント制で女性は完全無料。

基本料金

ワクワクメール ハッピーメール
メール受信 無料 無料
メール送信 50円 50円
プロフ閲覧 無料 無料

 
出会い系で特にポイント消費の多い3つの基本機能の料金体系を比較すると、ご覧のように全く同じ。

中でも特筆すべきはプロフィール閲覧の料金ですね。他のポイント制出会い系が10円取る中にあって、ともに無料なんです。これはかなーり良心的。

元々はワクワクメールが業界の慣例を打ち破って無料化に踏み切ったのですが、ハッピーメールだけが追随した経緯があります。さすがは東西の横綱同士、一歩も譲りませんね。

サービスポイント

ともに約月1回のペースで特典配信があり、ワクワクメールは200円分のサービスポイント配信、ハッピーメールは期限付きのメールチケット3枚=150円分。

・・・と、ワクメが少し有利だったところに、2018年途中からハピメのメールチケット配信がなくなってしまいました。残念。

2019年もワクメは引き続き、200円分のサービスポイント配信を続けています。

お試しポイント

ともに最大1200円分で互角。ただ、ご案内しているように、当サイトではワクワクメールに登録すると、特典としてプラス500円分のお試しポイントをプレゼントしているので、最大1700円分。

なら、ワクメの方がハピメよりも500円分多い…と思いきや、僕の粘り強い交渉によって(←自画自賛!)、ハッピーメールでもプラス500円分の特典を付けられることになりました。

特典付きの登録リンクは、この記事の最後にご案内します。というわけで、お試しポイントは両者全く差がありません。

ちなみに他の有名どころでは、最大でPCMAX600円分、ワイワイシー450円分、イククル1000円分など。1700円分は破格ですよ。

出会いやすさ比較

ココまでは正にがっぷり四つの戦い。ワクワクメールの方がわずかにサービスポイントでリードという感じでしょうか。でも出会いやすさの項目は、はっきり特色があります。早速、比較していきますね。

サクラと業者

ともに長年、サクラを雇わずに健全な運営を続けてきた数少ない出会い系です。例えば、PCMAXなどは過去に明らかにサクラを使っていましたし(※今は来なくなったけど、数年前まではサクラからのメールが多かった…)。

業者に対する取り締まりも両者ともに力を入れてきた…はずですが、実はハッピーメールは2015年に援助交際やデリ業者の書き込みを放置していた容疑で、行政処分を受けた過去が…。

業界トップリーダーへの見せしめ的な意味合いもあったとは思うんですが、その後ハピメも取り組みを再強化して現在にいたります。

その点、ワクワクメールの方が過去から一貫して誠実な運営を続けている気がします。

2019年には出会い系アプリで唯一セルフィー認証まで導入しました。業者の数はハピメより少なく、ココは東の横綱に軍配でしょう。

男女バランス

このデータはともに非公開なので正確なところは分かりませんが、恐らくはワクワクメールもハッピーメールも優良出会い系の条件と言われる男女比7:3辺りをキープしているものと思われます。

また、僕自身のマッチング率で判断すると、他の人気出会い系集団から1歩2歩抜けた両雄であることは間違いなく、ココが正に永らく業界の横綱を張っている所以だと思います。

ただ、そんな中でも僕はワクワクメールの方がよりマッチングしやすいと感じています。これは次に触れる会員の質も影響していますね。

会員の質

ポイントをためて換金する小遣い稼ぎ女性、いわゆるキャッシュバッカーは優良出会い系サイト全体が抱える課題ですが、その数はワクワクメールよりハッピーメールの方が多めに感じます。

というのも、ワクメにはポイントを換金するキャッシュバック制度がないため。一方ハピメにはこの制度があります。ただ、メール1通2円など換金率は良くないので、他の人気どころに比べるとキャッシュバッカーは少ないですけどね。

でも、横綱同士の比較では真剣に出会いを探している人はワクワクメールの方が多く、そのため先程書いたように、よりマッチングしやすいと感じるわけです。

コミュニケーション機能

出会い系の機能と言えば、昔は掲示板とメールぐらいなもんでしたが、今は違います。

その他のコミュニケーション機能、例えば日記やコミュニティ(趣味のサークル)などを取り込んで、SNS化しないとなかなか生き残れなくなりました。

また、これらの機能があると、今までメールでやり取りしていたことが無料でできるようになり、よりコストをかけない攻略が可能になります。では主なコミュニケーション機能を比較してみますね。

ワクワクメール ハッピーメール
日記
伝言板
つぶやき
チャット
おしゃべり
コミュニティ

ご覧のように、ワクワクメールの方が明らかに充実しています。

特に伝言板のひそひそメッセージは文字数60文字の制限はありますが、ポイント消費は2pt=20円でメールの代替えに使えます。ハッピーメールにはなく、この違いはコストにも影響しますね。ここはワクワクメールの圧勝。

サポート

ワクワクメールはメール24時間受付ですが、電話は10時~19時のみ対応。一方、ハッピーメールはメールはもちろん、業界で唯一、電話も24時間対応。これはハピメの勝利。

ちなみに優良出会い系と言われる中でも、実はPCMAXやYYCは電話サポートをやめてしまい、今はメールサポートだけです。公式では24時間サポートとうたってますが、メール受付24時間は当たり前ですよね(^_^;)

総合比較

まとめ両横綱を比較すると、特に会員の質や機能面で差があり、総合力ではワクワクメールが優勢という感じ。ただ、システムもよく似ているため、実際には併用しているユーザーがほとんどだと思います。掛け持ちしやすいのが定額制と違うポイント制のメリットですから。

また、先述のように当サイトから登録すると、ワクメもハピメも通常の最大1200円分にプラスして、500円分のお試しポイント特典があります(※通常は登録直後50ptのところ、当サイトからの登録だと100ptになります)。

是非、スタートダッシュにお役立て下さいまし!

ワクワクメール特典付き登録
ハッピーメール特典付き登録

シェアはこちらから