1. ホーム
  2. 登録後の完全攻略マニュアル
  3. ≫ワクワクメールで業者を見破るコツを知りたい!見分け方徹底解説

ワクワクメールで業者を見破るコツを知りたい!見分け方徹底解説

ワクワクメールで業者を見破るコツ

ワクワクメールのように、ちゃんと電話番号認証や年齢確認をやっている出会い系アプリでも、一般素人女性になりすまして登録申請してくる悪徳業者を運営会社が審査段階で全て見抜くのは不可能。

新しい電話番号のスマートフォンと年齢確認できる身分証明書を用意されたら、運営側も登録・利用を認めざるを得ませんから。どうしても紛れ込んでしまいます。

これはワクワクメールに限らず、全ての人気出会い系サイトや婚活マッチングアプリに共通する課題なんです。

でも、業者は基本知識さえ持っていれば割と簡単に見抜けるのでご心配なく。

というわけで、この記事ではワクワクメールに潜む危険な業者の特徴、手口、見分け方を徹底解説します。出会いの邪魔者を蹴散らしましょー!

業者とは?サクラとの違いを確認

ワクワクメールの口コミには業者とサクラを同じ意味で使っているものも多いので、最初に定義を確認しておきますね。

業者とは、出会い系サイト運営と無関係の利用規約違反者で、具体的には他サイトへの誘導業者、アドレス回収業者、風俗業者(デリ業者)、マルチビジネス勧誘業者など。

当然、優良出会い系サイト運営会社はユーザーの安全を確保するため、業者を取り締まっていて、発見次第、強制退会/利用停止処分にしています。

一方、サクラとは出会い系サイト運営がユーザーを騙して課金させる目的で雇った偽の会員。本当は女性会員がいないのに、いるように見せかける詐欺行為です。

要は運営会社自体が悪そのものってこと。業者と全く違いますね。

ワクワクメールにサクラはいませんが、業者はいます。こればかりは、全ての出会い系サイトやマッチングアプリでゼロにはできないんです。

ワクワクメールにサクラがいない理由については、以下の参考記事でもっと詳しく解説しているので、気になる人は参照下さいませ。

ちなみにもう1つ、業者と間違われがちな存在としてキャッシュバッカー(出会い系サイトで貯めたポイントを換金する小遣い稼ぎ目的の一般素人女性)に注意と書いてある情報もありますが、ワクメにはほぼいないので大丈夫。

気になる人は今紹介した記事「ワクワクメールのサクラ事情を徹底解説」の中でキャッシュバッカーについても触れているので参照下さい。

ワクワクメールには業者しかいないって本当?

最近「ワクワクメールには業者しかいないから、やめた方がいいよ」とペアーズ(Pairs)などの恋活婚活アプリに誘導しているマッチングアプリ紹介メディアが増えました。これって本当なんでしょうか?

まず、ワクワクメール・ハッピーメールPCMAXなどの出会い系サイトには、マッチングアプリに比べて業者がかなり多くいるのは事実。実際、そんな口コミもよく見かけると思います。

でも、間違えちゃいけないのは出会い系サイトとマッチングアプリじゃ出会いの質、要は集まっている人の利用目的が全然違うってこと。

恋活婚活マッチングアプリには、ガチな恋人探しや結婚相手探し目的の女性が集まっています。

そんな中、遊び目的で動き回っても、なかなか出会えないし、ヘタすると運営に通報されて強制退会を食らいます。

実際、ヤリモクでマッチングアプリを強制退会になった男子達の口コミは沢山ありますよ。

僕の知り合いにも1人泣きを見た男がいますが、ペナルティは有料会員に対しても容赦なく執行され、有料プラン契約期間が残っていても返金はされません。課金したお金が無駄になります。

一方、ワクワクメールの場合、ガチな恋人探しの女性もゼロとは言いませんが、大半は大人の出会いも含め、気軽に会えるカジュアルな出会い目的の女性です。

男性のようにあからさまに見せないだけで、女性にだって遊びたい需要があるんです。

このように、出会い系サイトはセフレ作り目的もOKな環境だからこそ、業者が紛れ込みやすい…。

その代わり、業者の見分け方さえ知っていれば、目的への最短距離を進めるんですよ。

業者しかいないという評価になってしまうのは、マッチングアプリ紹介メディアの記事を書いている人達の多くが、実際には大して利用経験のない出会い系初心者だから。ワクワクメールは昔からちゃんと出会えるサイトですよ。

運営の業者取り締まり体制はどうなのよ?

業者はワクワクメールにとっても利用規約を違反している困った輩達なので、運営としても、少しでも早く発見して排除するべく努力を続けています。

24時間365日体制のパトロールで不正ユーザーを監視しているし、利用者が「サポートに通報する」機能もあるので、基本的に業者はワクワクメール内に長く滞在できません。

下の画像のように、紛れ込んだ業者は間もなく見つかり、ID削除の刑を執行される運命にあります。

ワクワクメールの業者の運命

更に、やるかやらないか任意ではあるものの、年齢確認だけじゃなく、身分証の写真と実際の本人の顔が一致するか確認する「本人確認(セルフィー認証)」まで取り入れているのは、数あるポイント制出会い系の中でもワクワクメールだけ

出会い系御三家と言われるワクメ、ハッピーメールPCMAXの中でも、ワクワクメールが業者対策に一番熱心であり、業者の数も最も少ないのは間違いありません。

とは言え、やはりイタチごっこ。業者に遭遇したという口コミが絶えないことから分かるように、完全排除は不可能です。

実際、業者に遭遇してトラップを仕掛けられる場面も多々あります。でも、ご安心を。今から解説する知識さえあれば、見分けるのは難しくありませんよ。

ワクメに紛れ込む業者の種類と対策

業者は激カワ女子になりすましてメッセージを送ってきたり、足あとスマイルいいかもで誘ってきたりしますが、騙されちゃいけません。

運営に見つからないうちに、ワクワクメールの会員を自分達の悪徳サービスに誘い込むのが全てのタイプの業者に共通する目的です。

この根本さえ理解しておけば、奴らの行動の意味が分かり、より見抜きやすくなります。

プロフから業者を見抜くポイント

業者アカウントはメッセージをやり取りする前のプロフィールチェックで見抜けます。次の項目に当てはまる女性には要警戒ですよ。

  1. プロフィールに3サイズが書いてある
  2. アダルト募集掲示板への投稿履歴がある
  3. プロフ画像がセクシーすぎる
  4. プロフ画像が美人すぎる・可愛すぎる
  5. キャリア(利用端末)がPCになっている

まず、ごく普通の女性は3サイズを全男子に公開しないし、掲示板にエッチな書き込みもしません。水着や下着などのセクシー写真をプロフ画像に設定することもありません。

男子の妄想をかきたてるようなプロフィールの女性は9割以上、風俗業者や割り切り・援助交際目的と思っておけば間違いなし。

たとえ割り切った大人の遊びに興味があっても、素人女性はそれをストレートに見せないもんです。そこが僕ら男と違うとこですよ。

いや、中にはそんなの気にしないビッチもいるんですけどね。確率を考えたら、あからさまに誘惑してくる女性は相手にしない方が無難かと。冷静な判断が大事です!

もう1つ、ワクワクメールのプロフィールには最終ログイン時のキャリアが表示されます。一般女性の場合、大半はスマホで利用するもんです。男性だってスマホですよね。キャリアがPCになっているのは、ほぼ業者ですよ。

次のプロフなんかは典型的。キャリアがPCになっている他、バストのカップも記入してます。業者臭、じゃなくても援助臭がプンプンです・・・。

キャリアがPC

ワクワクメールでは、プロフ検索にしても、募集検索にしても、使っている「キャリア」を指定して絞り込みできます。

相手を探す時はキャリアを「PC以外」に設定して検索すると効率的ですよ。

ワクワクメール検索時のキャリア指定

ただし、キャリアがiPhoneやAndroidなら絶対に安全という意味じゃないです。

最近はPCだとバレバレなので、スマホでアクセスする業者もいますし、PCでもスマホからのアクセスに偽装する技術もあるらしいですし…。

メッセージで業者を見抜くポイント

万が一プロフィールの段階で見抜けなくても大丈夫。メッセージのやり取りを始めてからも業者を見抜くシグナルはいくつもあります。

というわけで、ここからはタイプ別に特徴を解説していきます。

こんな特徴に当てはまる怪しい相手はブロックするべし。特に悪質な場合はブロックする前に「サポートに通報する」機能で運営にチクるべし!

1.誘導業者

悪質なサイトやアプリを紹介して登録させる業者。高額料金・架空請求といった悪事を尽くすサクラ詐欺出会い系サイト、アダルト動画サイト、通販サイトなどの運営者ですね。

これは「こっちで待ってるね♪」などとURL付きでワクワクメールとは別のサイトに誘ってくるのですぐに分かります。外部サイトに誘われたら容赦なく運営に通報ですね。

2.アドレス回収業者

こちらのLINE IDやメールアドレス、場合によっては電話番号などの個人情報を聞き出してリスト化し、悪質な出会い系サイト、動画サイト、通販サイト、情報商材販売サイトなどに横流ししている輩。

女性側から積極的にLINEやメアドの交換を持ちかけてきたり、「ここに連絡下さい」と一方的に直の連絡先を送ってきたりするのは業者で間違いありません。

誘いに乗って個人情報を教えてしまうと、迷惑メールや迷惑電話の嵐が吹き荒れるハメに…。

そもそも女性はワクメ内のメッセージ機能も無料で使えるわけで、信頼できる男性にしか連絡先を教えません。LINEは僕らが会話をうまくリードして信頼を得た結果、教えてもらえるものです(参考:LINEに誘うタイミング)。

3.風俗業者/援デリ業者

デリヘルなどの風俗業者。リアルで客引き出来ない違法な風俗営業をしている業者もいれば、実店舗で客がつかない女性を派遣する業者もいます。

激カワなプロフ画像の子でも、実際に派遣されてくるのは別の女性というパターンがほとんど。

メッセージ交換の中で金銭の条件を匂わせてくるので、これも分かりやすいですね。ちなみに「ホ別」はホテル代別、「イチゴ」は1万5千円という意味。

特に「大人の募集掲示板」には風俗業者が紛れ込みやすいため、掲示板から相手を探すなら「ピュア募集掲示板」から、そして即会いではなく、しっかりとやり取りした上で会うことを強くオススメします。

また、万が一、気付かずに会うところまで話が進んでも、待ち合わせ場所に風俗街やホテル街周辺を指定してくる相手には注意。風俗業者か援助交際目的の可能性大です。

ごく一般の女の子なら、人の多い明るい街やデートに向いたオシャレなイメージの街で会いたがるのが普通ですよね。

4.勧誘業者/販売業者

ビジネス(投資、マルチ商法、セミナー)の勧誘、商品の販売などを目的とする業者。最近は出会い系サイトより、ペアーズなどの恋活婚活マッチングアプリに多くいるタイプです。

まず、プロフィールの自己紹介文に「自由・幸せ・健康・成功・投資」など、人生の成功者、経済的な成功者を思わせるポジティブな言葉が入っている相手は警戒した方が良いですね。

また、メッセージのやりとりで、儲け話(副業、仮想通貨や不動産投資など)を持ちかけてきたり、商品(健康食品、化粧品など)をすすめてきたりするのは確実に業者です。

ただ、このタイプはメッセージ段階まではごく一般人を装っていて、実際に会ってみたら、いきなり営業を仕掛けてきた!というケースも多いので注意。

万が一、デートに行って勧誘や販売をされても、絶対に契約しないこと。しつこくされても、きっぱり断って、その場を立ち去る勇気が大事です。

ワクワクメールで業者を見分けるコツまとめ

ワクワクメールで業者を見破るコツまとめワクワクメールはセルフィー認証の導入など不正ユーザーの排除に力を入れていて、紛れ込んでいる業者の数はハッピーメールやPCMAXに比べれば少ない方。

とはいえ、大人の出会いもOKという出会い系サイトの特性上、業者を避ける知識は必須です。

総じて、アイドルやモデルのように素人ばなれした写真を掲載している女性、妙に積極的にアプローチしてくる女性には冷静に対応することが大切ですよ。

業者を見分ける基礎知識さえあれば、あとは慣れの世界。プロフィールをたくさん見て、メッセージ交換の経験を積んでいくと、怪しさを敏感に感じ取れるようになります。

また、ワクワクメールにはワクワクDBという会員の投稿型データベースもあるので、参考にするのも1つですよ。

シェアはこちらから