1. ホーム
  2. 登録後の完全攻略マニュアル
  3. ≫知らないとケガをする?「伝言板」機能の使い方

知らないとケガをする?「伝言板」機能の使い方

ワクワクメールの伝言板ワクワクメールには他のほとんどの出会い系にはない「伝言板」機能があり、コレがなかなか使えます。ただ、使い方を間違えるとケガすることもあるので注意!

ここでは伝言板の威力を最大に活用する方法について考えていきます。

そもそも伝言板とはどんな機能?

まずは簡単に機能の解説から。伝言板の書き込みには「全員に公開」「ひそひそメッセージ」の2種類あり、ともに相手にメッセージを伝えられる機能ですが、メールとは次のような違いがあります。

最大文字数 消費ポイント 閲覧範囲
全員に公開 60文字 無料 全員
ひそひそメッセージ 60文字 2pt 自分と相手のみ
メール 1000文字 5pt 自分と相手のみ

ざっくり言うと、60文字しか書けないけれど、メールよりポイント消費が少なくて済むのが伝言板。この特徴を上手に利用すれば、メールにかけるコストを減らすことができるって寸法です。

ちなみに登録から1週間以内の女性に対しては伝言板は使えません。昔は使えたんですが、新人女性に一斉に伝言板メッセを送る人達がいて不評だったため、規制が入った経過があります(^_^;)

「全員に公開」をおすすめしない2つの理由

まず、無料の「全員に公開」で、大勢の女性とやり取りしまくっている男子がいますが、僕的にはオススメできません。

理由の1つ目は、全員に公開でメッセージを書き込んでも、風俗業者でも援助でもない一般女性からの返信率が低いため。

女性には基本的にメールが沢山届きます。なので、無料で書き込まれた全員に丸見えのメッセージに反応するメリットがないんですよ。

「ここにメッセを書き込んでくる男子はセコいと感じる」との厳しい声まであります(^_^;)

2つ目は閲覧範囲が全員、つまりは全ユーザーに丸見えなので、他の女性に見られるリスクがあるためです。

自分とメールしている男性が、他の女性の伝言版に「かわいいですね♪メールしませんかー?」なんて書いているのを見つけたら、普通の女性はドン引きです。その時点で、やり取りが途絶えてしまうことは、ほぼ間違いなし。

これを逆手に取ると、女性側のプロフの伝言板の書き込みは、相手の正体を探る重要な手がかりになります。例として、ある女性のプロフ欄の伝言板を見てみましょう。

業者か援助だよね…

これらは、この女性の伝言板に「全員に公開」で書き込んだ人達のメッセージです。タケさんという男性と何度かやり取りした形跡があります。

「メールサンキュー」とあるので、タケさんにはメールを返した模様。更に条件の話になっているので、一般女性じゃないのは明白ですね。

他の男性の書き込みも含めて91件もあるわけですから、読んでみると、この女性の人物像がアリアリと見えてしまうわけです。

先程も書いたように、もし自分のプロフの伝言板がこんな証拠で埋まっていたら、一般女性は引いてしまうのが良く分かるのではないでしょうか。

この対策としてオススメなのは「全員に公開」を受け付けない設定にすること。具体的には「伝言板設定」で「ひそひそメッセージ」のみを受け付ける設定にすることです。

ワクワクメールの伝言版設定

全てのメッセージを受け付ける状態だと、誰かが「全員に公開」で伝言板に書き込んできて、万が一、そこでやり取りした場合、先程の女性の例のように、その内容が全員に見えてしまいます。

女性はメールも無料なので、本来、わざわざ伝言版を使う必要がありません。ってことは、男性の伝言版に書き込んで来るのは業者や援助の類だけなんですよね。

ひそひそメッセージだけを受ける設定にしておけば、伝言板は綺麗なままです。

本当に使えるのは「ひそひそメッセージ」

ワクワクメールのひそひそメッセージ伝言板でも「ひそひそメッセージ」の方は自分と相手にしか見えないので、メールと同じ用途で使えます。それでいてメールは5pt(50円)かかるところが、ひそひそなら2pt(20円)と半分以下のコストで済んでしまうんです。

更に、女性側もやたらと無料で書き込んでくる男性より、有料の「ひそひそメッセージ」を使ってくる男性の方を優先するので、返信率は「全員に公開」より、ずっと高くなります。

ただ、弱点は最大で送れる文字数が60文字と制限されていること。メールのように、こってり話し込んでコミュニケーションを深める用途には向いていません。

理想はメールを一切使わず、ひそひそだけでLINE交換まで持っていく流れですが、業者や援助ならそれで事足りても、一般女性ターゲットの場合は、そう上手くは運ばないのが現実。

やはり、きっかけ作りとして使うことで初期のメールコストを抑えつつ、ひそひそメッセージ⇒メール⇒LINEと持っていく流れを想定しておきましょう。

あと、効果を最大にするために肝心なのは、魅力的なプロフィールを備えていること。ひそひそは短い文しか送れないので、コレをフックにプロフでグイッと釣るイメージですね。

特に、さわやかイケメン君などは積極的に使うと、かなりの効果が上がるはずです(←僕はさわやかイケメン君ではないので予想です…)。

また、メール受信設定をチューニングして、ひそひそメッセージが書き込まれたら通知メールが届くようにしておくのがオススメです。

そうすれば、マメにワクワクメールにログインして伝言板をチェックしなくても、素早く返信できますよ。(参照:メール受信設定のチューニング)。

伝言板の使い方まとめ

ワクワクメール伝言板の使い方まとめ上手に使うと、メールの初期コストを抑えられる伝言板ひそひそメッセージ。その分、より多くの相手にファーストアプローチできます。ただし、中にはメールじゃないと返事を返さない女子もいます。この人は!と思う相手に対しては、最初からメールを使った方が無難かも。

シェアはこちらから