1. ホーム
  2. 登録後の完全攻略マニュアル
  3. ≫ワクワクメールでLINEに誘うタイミングはいつがいい?誘い方は?

ワクワクメールでLINEに誘うタイミングはいつがいい?誘い方は?

ワクワクメールからLINEへ

ワクワクメールに限らず、ハッピーメールにしてもPCMAXにしてもしかり、タイミングを見計らって無料のLINE(もしくは直メールアドレス)に誘い込むのが、僕ら男の出会い系攻略のセオリー。

女性はメッセージ送信無料なので、別にずっとワクワクメール内でやり取りしてもいいんですが、男性の場合はメッセージ1通送信ごとに5P=50円消費しますからね。

でも、出会い系初心者の方にとって、どれくらいのタイミングでLINE交換を切り出せばいいのかは、なかなか悩ましい問題だと思います。

この記事ではワクワクメールのLINE交換のタイミングと誘い方、注意点について徹底解説。もう悩むことはありませぬ!

LINE交換が早過ぎるケースについて

まず、ワクワクメールをはじめとする出会い系サイトの場合、真剣な恋人探し・結婚相手探し専門のマッチングアプリに比べてLINE交換の難易度はずっと低いです。

出会い系サイトは、大人の出会いも含めた気軽な出会い目的の利用者が圧倒的メインですから。そこが真剣交際じゃないとダメというマッチングアプリと違うメリットですね。

いきなりLINE交換を迫るのは当然NG

ただし!だからと言ってファーストメールやセカンドメールでいきなりLINE交換を持ちかけるのは当然NGです。

LINEはイヤな相手をブロックできるとは言え、友達との日常の連絡手段に使っている大切なコミュニケーションツール。LINE IDだって、めちゃめちゃ大事な個人情報です。

一般素人女性は、ロクにやり取りしてない正体不明の男にいきなり聞かれて、そんな大事な情報を教えたりしません。信頼できそうな相手にしか教えたくないんです。

次のようにプロフィールの自由コメントに「LINE交換しないとやり取りしない」的なことを書いてしまうのも、ファーストメールやセカンドメールで聞いてしまうのと似たようなもんです、念のため。

ワクワクメールの自由コメント

男の本音として気持ちは分かるんですが、このスタンスじゃ一生出会えません…。

5通目で持ちかけろという攻略法の問題点

ちょっと古い出会い系攻略サイトでよく見かけるのは「LINE交換は5通目で持ちかけて断られたら次の女の子に行け」というノウハウですね。

僕はコレ、その人の成功体験ではなく、最初に言い始めた人がいて、ただ右へならえ的に書いているだけのような気がしてます。

本当にこの通りにやってたら、会えるチャンスをかなーり逃してますよ…。

いや、実際に5通以内のメッセージのやり取りでLINE交換できる相手もいるし、攻略サイトでも2~3通で交換できた!とメール交換画面の画像付きで書いてある情報もあります。

でも、僕的には業者や援助でもOKなら、そのタイミングでもいいでしょうという感じ。聞けば簡単に教えてくれますよ。

簡単に教えてくれる女性は超高確率で業者

むしろ自分からLINE交換したがるのが業者(誘導業者・アドレス回収業者・デリ/風俗業者)や援助交際・割り切り目的女性の特徴です。

というのも業者や援助・割り切り目的は、運営に見つかれば利用規約違反で強制退会になります。なので、できるだけ早くLINE(カカオ・メアド)交換して直接連絡を取りたいんです。

そんな中、男性が焦って2~3通でLINE交換を迫ることは、業者・プロ・セミプロにしてみればかえって好都合。

だから聞けば簡単に教えてくれるんです。ましてや聞いてもいないのに、LINE IDを教えてくる女性は100%業者の類で間違いありません。

先程も書いた通り、LINEは大切な個人情報。まともな女性が、わずか数通やりとりしただけの男に教えるわけありません。

実際5通目なんてあっという間。1通目はお互い手探りの挨拶みたいなもんですから、実質あと3通だけやり取りして5通目で「LINE教えて」と切り出すわけです。

僕の経験上、業者でも援助・割り切りでもない、男なら誰でもいいという出会い系にどっぷり浸かったコでもない…要は出会い系慣れしていない普通の女性に対してはアプローチのタイミングが早すぎなんですよね。

早過ぎるという女性達の声が多数

事実、僕が会ったごく普通の女の子達が口を揃えて言うのは次のセリフです。

LINE交換に焦りすぎな男の人が多いんだけど…

ワクワクメールユーザー同士のQ&Aコーナー「質問ひろば」でLINE交換に関するスレを見ても「LINE聞くの早過ぎ」「何でLINE交換が必要なの?」といった女性の声が多数。すぐ交換するという子はごく少数派ですよ。

まー「なんで必要か?」と言われれば、男は女性と違ってメッセージ送信にお金がかかるからなんですけどね(^_^;)

というわけで、ネットで知り合う男性に対して、強い警戒心や不信感を持っているのが普通の女性。やり取りを始めてすぐにLINEを聞かれたら戸惑うコがほとんどです。

そこをわずか5通で切り捨てるとなると、即会いできる風俗業者や援助、あるいは出会い系どっぷりの女性しか残らなくなるってことです。

また、メールだけでは見抜きにくいキャッシュバッカーにLINE交換を持ちかけ、その反応を見て早めに正体を暴くという意味で5通と書いている情報もあります。

でも、そのために出会える可能性のある一般女性をごっそり逃してしまうのは本末転倒。

それにワクワクメールは他の出会い系サイトに比べてキャッシュバッカーが圧倒的に少ないので、神経質になる必要もないですしね。

最近はLINE交換が遅すぎるノウハウも多い

ここまではLINE交換の仕掛けが早すぎて失敗するパターンについて解説してきました。

でも逆に仕掛けのタイミングが遅すぎるのも、今度はコスパの面からおすすめできません。

デート決定後という攻略法の問題点

遅すぎるとは「会うことが決まってから」あるいは「デート中に」LINE交換しろというもの。特に出会い系紹介サイトではなく、婚活マッチングアプリ紹介サイトでよく見かけるノウハウですね。

これって完全に、真剣な恋人探し・結婚相手探し専門、なおかつ定額制のマッチングアプリ向けの攻略法です。

要は出会い系サイトを大して使ったことない人達が書いているノウハウなんです。

確かに出会い系サイトでも、デートが決まった時、またはデート中にLINEを聞き出す方が成功率が高くなるのは間違いないですよ。なので、お金を全く気にしない人なら、そのタイミングでOKです。

でも、ワクワクメールにしてもハッピーメールにしてもPCMAXにしても、メッセージ1通ごとにポイントを消費する従量制。

1人2人ならいいですが、何人もの女性とやり取りするのに、デートが決まるまでのんびり構えていたらコスパがめちゃめちゃ悪くなるだけです。

なら、マッチングアプリを使えばいいかと言えば、あちらは遊び・ネトナン・アダルト利用は禁止されているため、ワクメやハピメと同じ感覚で使っていると、通報されてサクッと強制退会食らいます。

定額制の有料会員プランに課金していても容赦ないので注意ですよ。

結局、カジュアルな出会い目的には出会い系サイトが最適なわけで、あとはポイント制をどう攻略するか、つまりは成功率とコスパのバランスが良いLINE交換のタイミングを追求するべきなんです。

それに既に書いたように、LINE交換のハードルはマッチングアプリの女性より出会い系サイトの女性の方が遥かに低い。

にもかかわらず、マッチングアプリと同じノウハウで動くなんてモッタイナイとしか言いようがありません。

僕の場合は10通程度がラインに誘う目安

僕は基本的にワクワクメール内で6~10往復ぐらい、メッセージをやり取りすることをおすすめしてます。実際、自分もそうしてます。

と言っても途中で業者と感じたり、相性が悪いと感じたりした時点で返信をやめるので、全ての女性と10通やり取りするわけじゃありません。

でも、会いたいと思う人に対しては、5通を越えた頃からタイミングを見計らって誘うようにしています。

セカンドメール以降はとにかく、会話を盛り上げて好感を持たれること(少なくとも興味を持たれること)信用されることに全集中します。成功するか否かはココに全てかかってます。ポイントは3つ。

  1. 言葉使いは丁寧に(敬語7割タメ語3割ぐらいのイメージ)
  2. 相手のプロフィールから話題を見つけて振る
  3. 質問でリズムを作る

特に趣味、お互いの共通点、好きな食べ物、行きたい場所は鉄板の話題ですね。

もちろん相手の性格・お互いの相性・自分のメールスキルなどにもよりますが、これらのコツを意識して10通ぐらいやり取りすれば、ある程度打ち解けた関係が作れるはず。

あとは女性のテンションが上がってきたタイミングでLINEに誘うだけ。熱量は特に次のような反応を見逃さないようにしていれば、つかめると思います。

  • 食べたい・行きたいなどの願望表現
  • お互いの趣味や共通点で盛り上がる
  • ラリーが早い(相手からの返信が早い)
  • 質問してきた(←コチラに興味がある)
  • 文章が淡白ではない、リアクションが良い

また、5P消費のメール送信機能だけではなく、2P消費の伝言板ひそひそメッセージや無料のみんなの日記もうまく使えば、コスト削減できますよ。

LINEへの誘い方は直球勝負でOK

LINE交換のタイミングだけではなく、誘い方に悩んでいる男子もいると思います。でも難しく考える必要ありません。

解説済みの通り、10通程度まではとにかく仲良くなる(好感と信頼を得る)ことに集中、あとはタイミングを見てズバリ「よかったらLINEしませんか?」と直球勝負。これで全然行けます。

「もっと沢山話したいので(←当たり前)」などと理由を付けたり「別にこのままでもいいのですが(←ならそうすれば?)」と言い訳がましくしたりする必要はありません。

実際、女の子に聞いても「わざとらしい言葉はいらない、誘い方はシンプルな方が男っぽくて好感」という声が大半なんですよね。

ちなみにコレ、LINEだけじゃなく、デートの誘い方に対しても共通する声です。優しさや気遣いはメッセージのやり取りの中で見せればいい話で「誘う時は男らしくシンプルに」がモテる男のセオリーなんでしょうね。

中でも「ポイントがなくなりそうなので」という誘い方は、女性から「ケチくさい、がっかり」という辛口な評判がほぼ全てなのでやめましょう(^_^;)

ある程度仲良くなってれば、直球勝負で行けるんです。少なくとも僕は、いつもこのワンパターンですが、普通にOKもらえてます。

逆に言えば好感と信頼が得られていないと、どんな聞き方をしても断られます…。興味ない男や怪しい男には教えたくないのが当たり前の感情ですから。

要はLINE交換の成否は、誘い方というより、誘う前のやりとりの段階でほぼ決まっているってこと。言の葉の小細工より、やり取りの内容の方が100倍大事ですよ。

LINE IDは了承後に男性側から送る

念のため確認しておくとLINE IDは、ラインへの移動にOKをもらった後に男性側から送るのがマナー。

OKもらう前に「よかったらLINEしませんか?IDは○○○です。連絡待ってます」のように送ってしまうのは少し強引過ぎ。「いやいや、誰もOKしてないから」と反感を覚える子もいます。

あくまでも了解をもらってからという姿勢でワンクッション置いた方が、女性側から見て対等に扱われている感じもするし、安心感もあると思います。

逆に「ID教えて下さい」と投げてしまうのは、不安を抱えている女性への気遣いが全然足りません。

LINEに誘ってOKをもらえたら「ありがとうございます!僕のIDは○○○になります」のように、お礼と一緒にIDを送信するのがおすすめですね。

万が一LINE交換を断られた時の対応

ただ、断られることも当然あります。自分としては仲良くなったと思っても、相手はそう思っていないことだってありますから。

ワクワクメールに限らず、出会い系サイトで効率良く会いたいなら、こんな時はサクッとあきらめてターゲットを変えるのが一番。

この決断をできる人が、同じ金額の投資で、より多くの女性に出会えている人です。

断られた理由は次の3つのいずれかです。

  1. こちらに興味がない
  2. こちらを信用していない
  3. 冷やかし(キャッシュバッカー)の類

いずれにしても、これ以上追いかけることはポイント・時間・労力の浪費になり、コスパが悪化する可能性が非常に高いんですよね。

まず、3はそもそも最初から会う気がない女性。深追いすればするほど、無駄なお金を垂れ流すことになります。ワクワクメールにキャッシュバッカーはほぼいませんが、完全にゼロではないですから。

次に1と2の場合は、これまで使ったメール料金がもったいない!もっと頑張れば会える!と思うかもしれません。

でも、もう10通程度もやり取りしたわけで、相手だって少しでも会ってみたいと思っていればLINEぐらい交換してくれます。ワクワクメールのユーザー層はカジュアルな出会い目的がメインですから。

いや、本当にガチな恋人探し目的でLINE交換に慎重な一般素人女性である可能性もありますが、僕らがワクワクメールを使っているのはそんな目的じゃないはず。

それほどの真剣モードな出会いを求めるなら、最初からペアーズとかユーブライドとかの婚活マッチングアプリを使えばいい話です。

ワクワクメールにはもっと気軽に出会える子が沢山います。

好感や信頼を得られなかった1人の相手に執着して、それを覆すためにお金・時間・労力をかけるぐらいなら、その資源をもっと融通のきく女性に注いだ方が遥かに効率的ですよ。

どうしてもあきらめきれない場合

正直、ワクワクメール内でメッセージをやり取りしただけで、そこまで惚れ込んでしまう女性って、僕の経験上いません。会ってからなら、まだ分かりますけどね。

でもLINE交換を断られて、どうしてもあきらめられない女性がいたとします。

逆転の望みをつなぐなら、しつこく聞くのは絶対NGです。

粘ったら教えてくれた!なんていうミラクルはまず起きません。むしろ、その時点でゲームセットです。ヘタするとブロックされます。

ここは「ちょっと焦りすぎた!ごめんね(T_T)」とすんなり引いて、可能なら(←返信が途絶えたら本当にスパッとあきらめる)再度ワクワクメール内でやり取りを継続してみましょう。

で、また5通程度やり取りしてLINEを聞く、もしくは相手が本当に本物の素人女性と確信できるなら、それこそマッチングアプリ向けノウハウを採用してデートの約束をするまでの出費覚悟で付き合うか。

この2択なら、僕のおすすめは前者の方ですね。後者は頑張っても結局会えなかった時の傷口が深くなりますから。

繰り返しますが、ワクワクメールにはノリのいい女の子が沢山いるのに、1人の渋い女性に深入りするのはメチャメチャ効率悪いし、もったいないです。

結果、会えればまだ良いですが、会えなかった時のコスト面でのダメージは大きいものが…。やはり、最初に断られた時にあきらめてターゲットを変えるのがベストだと思うわけです。

ワクメでLINEに誘うタイミングと誘い方まとめ

ワクワクメールからLINEに誘うタイミングまとめLINEに誘うまでに10通もかけるなんて遅すぎという意見もあると思いますが、普通の女の子達と出会うためには少しゆったり構えることも必要。

逆にわずか5通でスパスパ切っていくスタンスだと、結局あまり良い出会いにつながらないというのが僕の意見です。

ワクワクメールでなかなか一般素人女性に出会えないという人は、少しのんびり構えてみると、状況を打破できる可能性がありますよ。

ただし反対に、最近多く見かけるのんびり過ぎなノウハウも、出会い系サイトの攻略法としては不適切。婚活マッチングアプリ向きです。

LINEに誘うタイミングは早過ぎても遅すぎても効率が悪くなるので注意して下さいね。

シェアはこちらから