1. ホーム
  2. 登録後の完全攻略マニュアル
  3. ≫ワクワクメールのおしゃべり機能は使うべきか?僕の本音を暴露します!

ワクワクメールのおしゃべり機能は使うべきか?僕の本音を暴露します!

ワクワクメールのおしゃべり機能は使うべきか?

ワクワクメールには相手に電話番号やLINE IDを知らせずに通話できる「おしゃべり機能」があります。女性は無料で利用できますが、男性は有料でポイントを消費します。

僕の後輩に、この機能を使ってテレHを楽しんだり、実際に会ったりしている男がいるんですが、僕的には安易に使うのはおすすめしません。

というわけで、この記事ではワクワクメールのおしゃべりする機能について絶対に知っておくべき注意点をまとめておきます。

ワクワクメールおしゃべり機能の料金プラン

ワクワクメールのおしゃべりする機能を積極的におすすめしない理由を語る前に、まずは男性の料金プランから確認しておきましょう。

2種類の料金プランのどちらがお得か?

おしゃべり機能の料金プランは「通常プラン」と「通話料込フリーダイヤルプラン」の2種類から選択可能です。

ワクワクメールおしゃべり機能の料金プラン選択画面

  • 通常プラン 15秒3P(30円分)
  • 通話料込フリーダイヤルプラン 15秒5P(50円分)

通常プランはポイント消費と別にこちらが通話料を負担するプラン。通話料込フリーダイヤルプランはポイント消費に通話料が含まれる(ワクワクメールが通話料を負担する)プランです。

ドコモ「カケホーダイ」のようにかけ放題(通話料無料)契約をしているなら、迷わず通常プランを選ぶべし。これは分かりやすいと思うんですが、実はかけ放題契約をしていない場合も、通常プランを選ぶのがお得です。

というのも、まず通話料込フリーダイヤルプランは通常プランより15秒2P=20円、30秒で4P=40円高い設定になっています。

となると通話料が30秒で40円以上かかるなら、通話料込フリーダイヤルプランを使った方がお得になるわけですが…

携帯電話各社の音声通話は最も高い料金設定でも30秒20円。つまり、通常プランで通話料を負担した方が安くなるんです。これは意外に盲点かと。

というわけで、もしワクワクメールのおしゃべり機能を使うなら「通常プラン」一択ですね。

ただし今後、携帯電話各社の料金体系が突然変わる可能性もあるため、ご利用の際には今一度、どちらがお得か、ご自身で確認して下さいませ。

料金プランの設定(選択)方法

料金プランの選択画面には以下の①または②の手順で進むとたどり着けます。

①マイメニューをタップ→各種設定をタップ→登録情報設定コーナーの「声の機能・電話設定」をタップ

ワクワクメール声の設定・電話設定

②トップ画面の「おしゃべり」の「見る」ボタンをタップ→おしゃべりする画面の「声の機能・電話設定」をタップ

ワクワクメールのおしゃべりする画面

ただし!冒頭に書いた通り、そもそも僕はおしゃべり機能の利用自体を積極的にオススメしてません。

おしゃべり機能をすすめない理由

ポイント消費が激しいおしゃべり機能をおすすめしない理由は、まずエラくポイントを消費する=お金がかかるため。

女性と通話するなら、最低でも10分(600秒)程度は話したいところですね。

となると、通常プランで120P=1200円分(メッセージ24通分)+通話料(カケ放題契約をしているならゼロ)がかかります。

先程、通常プランの方がおすすめと書きましたが、フリーダイヤルプランを使えば200P=2000円(メッセージ40通分)ものポイント消費があります。

万が一1時間も話そうもんなら、通常プランで720P=7200円分(メッセージ144通分)+通話料、フリーダイヤルプランで1200P=12000円分(メッセージ240通分)にもなります。

これだけ大量にポイントを使うなら、その分のPをメールにつぎ込んでLINE交換に持ち込んだ方が遙かにローコストで効率的です。

例えば通常プランで10分話すとメッセージ24通分になりますが、これは3~4人ぐらいの女性とLINE交換が可能なメール量。LINE交換を済ませてしまえば、いくらでも無料で通話できますからね。

おまけにキャッシュバッカーも…

おしゃべり機能をおすすめしない理由の2つ目はこの機能を使っている女性にはキャッシュバッカーが多く混ざっているため。

キャッシュバッカーとは出会い系サイトに出会い目的ではなく、お小遣い稼ぎ目的で参加している女性のこと。

ワクワクメールに限らず、多くの人気出会い系サイトには、女性向けに、メール交換などのアクションでマイレージポイントが貯まり、それを現金や商品などに交換できる仕組みがあります。

本来は利用を促進するための制度ですが、中にはそれを悪用して小銭稼ぎをしている女性がいるんです。

いや、ワクワクメールにはポイントを現金に交換できるキャッシュバック制度がないので、正確に言えば「ポイントゲッター」ですけどね。

現金化できないだけに他の優良出会い系サイトに比べるとポイント稼ぎ目的の女性は少ないものの、それでもゼロじゃありません。

女性がメールに返信してもらえるモバイラーズポイントは3M=3円分ですが、おしゃべりすると1分で15M=15円分。

メールのやり取りより遙かに効率的にモバイラーズポイントを貯められるので、おしゃべり機能でポイントを稼ぐキャッシュバッカーがいるんです。

まとめると、エラくお金がかかる割に実際の出会いには結び付きにくい。特に初心者の人は手を出さない方が無難と言えるのです。

おしゃべり機能で何人も出会っている後輩の話

ただ、冒頭に書いたように、僕の後輩で1人、おしゃべりヘビーユーザーが実際いるんですよね。おしゃべりはフリートーク・テレH・全国フリートークの3コーナーに分かれていますが…

ワクワクメールのおしゃべりコーナー

彼が使っているのは「テレH」だけ。そもそもテレフォンセックスが趣味であり、別に会えなくても満足なんだそうな…。で、女性にも一定数そのような子がいるんだそうです。

しかも別に会えなくてもいいという余裕をかましたスタンスなのに、実はテレHの相性が良い相手とは簡単にリアルで会えるんだとか。

自分の体験談じゃなくて申し訳ないのですが、彼のように「金に糸目をつけない。テレHできればいい。で、万が一でも会えたら言うことなし」というスタンスの男子なら、使ってみてもいいのかもしれませんね。

ワクワクメールのおしゃべり機能結論まとめ

ワクワクメールまとめワクワクメールのおしゃべり機能は、ポイントを大量消費するリスクがある上に、出会いにつながる確率も低く、デメリットの方が大きくなりがち。積極的におすすめはしません。それより、メッセージのやり取りをしっかりやってLINEに持ち込むことを最優先で考えるべーし。ただし、テレHが趣味の人は試してみるのもアリという感じですね。

シェアはこちらから