1. ホーム
  2. 登録後の完全攻略マニュアル
  3. ≫ワクワクメールで返信率が高いファーストメールマナー

ワクワクメールで返信率が高いファーストメールマナー

初メールのマナー
他のポイント制出会い系に比べて、風俗業者や援助ではない一般女性が大勢参加している点もワクワクメールの人気要因の1つです。

でも、出会い系の特性上、誰でもいいからヤレればいい!的ないわゆるヤリモク男子もいて、初めて参加した女性の中にはいきなり露骨な体目的のアプローチを受けて驚いたり、うんざりしたりするコも少なくないようです。

たとえ女性側も大人の出会い目的だったとしても、男なら誰でもいいわけじゃなくて、紳士的なマナーをわきまえた相手と会いたいのが当然の女心。デリカシーのないファーストメールを送ってくる男性は選ばれません。

この記事ではワクワクメールで返信率が高いファーストメールの書き方をまとめておきます。

絶対にNGなファーストメール

例えば、見ず知らずの男からこんなファーストメールが送られてきても、普通の女性はまず返事しませんよね…。

  • いきなり会えませんかと書いてある
  • いきなりLINEしましょうと書いてある
  • いきなり下ネタを振ってくる
  • いきなり馴れ馴れしく軽薄な言葉使い
  • いかにも一斉送信しているような手抜き

会う前に男性の人柄を慎重に見極めるのが、ごく普通の女性です。

誰でもイイからとにかく会いたい感丸出しの初メールを何通バラまいても、反応を返してくるのは業者や援助交際目的だけ。一般女性からの返信は期待できません。

ファーストメール5つの基本マナー

一般女性から返信をもらえるファーストメールにするなら、次の5つの基本マナーを押さえておくべし。と言っても、難しい話じゃなく当たり前のことばかりですけどね。

無理にウケを狙う必要なし

ファーストメールの書き方として、ウケを狙ったインパクトある文章をすすめている情報もありますが、面白いと思っているのは自分だけで実はスベっているケースが何と多いことか。女性はシビアですよ、その辺(^_^;)

ファーストメールは明るく誠実な人柄が表れていることが最も大事。そこにちょっと笑いの要素があれば加点になりえますが、自信がなければ、別に無理にウケ狙い走る必要もありません。

丁寧な言葉づかいで

出会い系で知り合った相手と会うことに対して、女性の不安の大きさは男性の比じゃありません。そんな女性の警戒心を解いて不安を和らげるのが僕ら男の仕事。

そんな中、いきなり馴れ馴れしく、アゲアゲの軽いテンションでアプローチすれば、女の子は逆に警戒心を強めます。「危なそう」と思った時点で返信しません。

先程書いた「明るく誠実な人柄」にも通じることですが、出会い系で会うためには安心感が欠かせません。ファーストメールはタメ語ではなく、丁寧な言葉づかいが鉄則ですよ。

ニックネームを呼ぶ

リアルでもネットでも相手の名前を呼ぶことは親近感を持ってもらうための基本中の基本。

必ず「●●さん、はじめまして!」のように相手のニックネームを入れて下さい。逆にそれがないと、コピペメールのばらまき送信と受け取られても仕方ありません。

また特に50代以降のユーザーさんで「貴方」と呼びかける人もいると聞きますが、女性からはいかにもオジサンっぽいと不評。呼びかけは全部「●●さん」でいいと思います。

相手のプロフに触れる

ただ「プロフを見て気になったのでメールした」的な具体性のない書き方はNG。これなら相手が誰でも一斉送信できてしまいますから。

そうではなく、どこが気になったのか、相手のプロフから具体的にピックアップします。お互いの共通点(趣味・職業・飼っているペット等)をアピールできればベスト。

本当は沢山のファーストメールを送っているわけですが、それをいかに悟られず(←といっても女性も分かってますけどね)「あなただけにメールした」かのように見せられるかがポイントです。

1つ質問をする

これもファーストメールの王道ですね。質問されると、返事をしやすいもの。逆に質問がないと、どう返したらいいか女の子を迷わせることになります。リアルもネットも会話は男子がリードするべし。

ただし1つのメッセージにいくつも質問を詰め込むと、相手は重たく感じます。1メッセージ1クエスチョンが基本ですね。

また、言うまでもないかもしれませんが、いきなりプライベートにズケズケ踏み込むような質問はNG。趣味などの軽い質問を振るのが常識です。

ファーストメールの書き方まとめ

ファーストメールのマナーまとめワクワクメールだけではなく全ての出会い系で返信率が高いファーストメールは、女の子が安心できる雰囲気、かつ一斉送信ではなく「私だけに送ってきてくれた」と思われる、更に返しやすい、この3拍子揃えるのがポイント。反対に安心できない、一斉送信メール、返しにくいといった要素が1つでもあると、返信率はガクンと下がってしまいますよ。

シェアはこちらから