1. ホーム
  2. 他の大手出会い系と比較
  3. ≫ワクワクメールとYYC(ワイワイシー)を徹底比較してみた!

ワクワクメールとYYC(ワイワイシー)を徹底比較してみた!

ワクワクメールとYYCを徹底比較!
人気出会い系サイトの1つとして、名前が挙げられるYYC(ワイワイシー)。歴代の運営会社にはライブドア、LINE、mixiというメジャー級のIT企業が名を連ね、現在は東証一部上場企業のIBJグループ。

そんな点ではヒジョーに安心感の強いサービスと言えますが、ワクワクメールと比べると実力はどんなもんでしょうか?本当におすすめできるのはどっちでしょうか?

この記事ではワクワクメールとYYCを各項目ごとに徹底比較。その違いを分かりやすく解説していきます!

基本スペックを比較!

ワクワクメール YYC
運営者 (株)ワクワクコミュニケーションズ (株)Diverse(ダイバーズ)
運営歴 2001年~ 2000年~
会員数 880万人 1400万人
PV

運営会社

YYCを運営するのは東京都渋谷区に本社を構える株式会社Diverse。婚活専門マッチングアプリ「ユーブライド」も運営している会社です。

ダイバーズ自体は一般的に馴染みがないと思いますが、結婚相談所・お見合いパーティー・婚活サイトなど婚活関連事業を幅広く展開する東証一部上場企業、株式会社IBJと聞けばご存じの方もいるかも。

ダイバースはこのIBJのグループ子会社です。今でもたまに見かけるmixiグループというのは2018年までの古い情報ですね。

ワクワクメールの運営は東京都港区の株式会社ワクワクコミュニケーションズ。ここはワクメを専門に運営している企業であり、出会い系アプリ愛用者以外は普通知らないはず。

企業の知名度・信頼度では圧倒的にYYCのIBJブランドに軍配が上がりますね。

運営歴

ともに2000年代前半から15年以上も続いているサービスであり、運営実績は文句なし。ここは互角でしょう。ちなみにYYCは元々ワイワイクラブとしてスタートしてますが、その後ワイワイシーとサービス名が変わり現在にいたります。

会員数(累計)

公式サイトが発表している会員数はYYCが1400万人で、ワクワクメールの880万人を圧倒していますが、この数はワクワクメールとハッピーメールの比較にも書いた通り、はっきり言ってマユツバ。あまり参考になりません。

特にYYCの場合、ある日を境に急に公表会員数がガツンと上がったのを目の当たりにしているだけに、どうも信用ならないんですよ・・・

ワクワクメールは昔から現在にいたるまで怪しげな会員数の上がり方もなく、運営が真っ当に数字を出している気がします。

また、公式アナウンスの会員数はあくまで退会者も含めた累計なので、実際に今活動しているユーザー数はともに不明です。

が、後に詳しく触れるように、アクティブな会員数はサイト内の活気やマッチング率から判断するにワクワクメールの方が多いと感じます。

料金を比較!

ともに男性は有料で従量制課金(事前にポイントを購入し、メール送信などのアクションを起こすとポイントが消費されるシステム)、女性は完全無料。

早速、基本機能の料金・サービスポイント・初回お試しポイントという3つの項目でコストを比較していきます。

基本機能の料金

ワクワクメール YYC
メール受信 無料 無料
メール送信 50円 55円
プロフ閲覧 無料 11円

こうして出会い系サイトで使用頻度の高い3つの基本機能の料金を比べてみると、結構大きな差があることに気付きます。

メール送信のポイント消費はワクワクメールの単位で言うと5P。1P=10円なので50円です。一方、YYCの単位では50P。これも50円で一緒と思いきや、実は違うんです。

と言うのも、YYCのポイント購入料金は1P=1.1円と消費税を僕らユーザーが負担しているんですね。優良と言われている出会い系の中でも、これは珍しいパターン。なのでメール送信は50P×1.1円で55円になるわけです。

厳密に言えば、ポイント購入金額によってサービスポイント量が変わる=料金が変わるので、実際は5円以上の差があります。この点は後ほど解説します。

プロフ閲覧のポイント消費にも大きな差が・・・。

まず、相手を探す時、できるだけ沢山の異性のプロフィールを見て選びたいと思うのは男女共通の心理ですね。

更に、プロフを訪問して足跡を付けて回り、足跡が返ってきた女性(=こちらに興味を持ってくれた女性)にファーストメールを送る流れは、効率的に出会い系アプリを攻略するセオリー。自動で足跡を残すツールも裏で販売されているぐらいです。

でも、ワクワクメールが無料でプロフィール見放題なのに対し、YYCは10P=11円かかります。YYCでプロフを見まくっていると、みるみるうちにポイントが減ります。

例えば100人の女性のプロフを訪問するとワクメは無料なのに、YYCでは1,100円ものお金がかかります。この金額をメールに換算すると、ワクメの方が20通以上も多く送れる計算に・・・。

YYCにはプロフィール詳細・(掲示板)募集閲覧パック、メール送信パックがあり、それらを駆使すれば少しコストは下がりますが、ワクメならそんな小細工も必要ありません。

ワイワイシーのパック

サービスポイント

ワクメには200円分のサービスポイントの定期配信がありますが、YYCには基本的にありません。

また、WEB版クレジットカード決済でポイントを購入した時にもらえるオマケのサービスポイントもYYCの方が断然少なかったりします。

YYCの場合、単位が10P=1.1円(他出会い系は1P=10円)、購入プランの金額も3300円、5500円、11000円(他は1000円刻み)と特殊な設定になっていて比較しにくいんですが…

YYCで5500円分購入(もらえるのは6000P)、ワクメで5000円分購入(もらえるのは700P)した時のポイント単価を比べてみると次の通り。

・ワクワクメール 1P=7.1円
・YYC 10P=10.9円

となると、メッセージ送信1通当たりの料金はワクワクメールで5P=35.5円、YYCでは50P=54.5円。こうして同じ土俵で比べてみると、実はYYCの方が9円も高いんですよ。シブい(^_^;)

メールのやり取りは出会い系アプリで最もコストがかかるアクションだけに、YYCは圧倒的に不利と言えます。

初回お試しポイント

ワクワクメールは500円分の当サイト限定特典を含めると、最大1700円分。これは業界最大と言って良いと思います。一方でYYCは最大450円分。これもかなーりシブいですね…(^_^;)

こうして料金体系を比べてみると、ワクワクメールの方が圧倒的に低コストで出会える可能性が高い。コスト面はワクメの圧勝です。

出会いやすさ比較

料金面はワクワクメール断然有利でしたが、やっぱり出会い系サイトの真の価値は出会いやすさにあります。安くても出会えなきゃ意味ないし、逆に高くても、その分マッチング率も高ければ利用する価値がありますよね。

サクラと業者

サイト運営者が雇ったサクラはともに使っていませんが、デリ業者の紛れ込みはワクワクメールの方がやや多いと感じます。

というのもYYCにはアダルトカテゴリー(大人の出会い目的)がなく、基本的にピュアカテゴリー(恋人・友達探し目的)に特化したサービスのため。

ただしYYCにも業者はいます。特に「今から遊ぼう」掲示板には業者が多めに混ざっています。

また、ワクワクメールの業者は見分けやすいんですが、YYCの場合、アダルトな書き込みが禁止されているだけに業者がアダルト色を隠していて、かえって見分けにくいデメリットになっている気がします。

基本的に女性側がやたら積極的に会いたがるのは要警戒。これはワクワクメールも一緒ですけどね。

男女バランス

ワクワクメールは非公開ですが、当サイトからの登録人数の男女比から推測するに恐らくは男性7女性3辺りだと思います。

一方YYCはPC版のログイン画面に男性の人数と女性の人数が表示されていて、2020年9月時点では次のようになっています。

YYCの男女比

なんと男性56%女性44%。この数字を信じるなら、YYCの方が男性にとって出会いやすい環境なんですが・・・実際にはワクワクメールの方が圧倒的にマッチング率が高いんですよね。

まず、恋活婚活マッチングアプリも含む全ての出会いサービスで、女性比率が4割を超えるところはほぼありません。例えばペアーズにしてもOmiaiにしても男女比約7:3です。

実はその昔、YYCのログイン画面に表示されている数字は男性8女性2付近をずっとキープしていました。

ところが会員数と同様、ある日からこの人数がガラッと変わり、現在の比率になった経過があります。こんな大変動は現実まずありえません。つまりは信頼性に乏しい・・・。

リアルな男女比はワクワクメール約7:3、ワイワイシー約8:2と見るのが正しい見方かと。

また、僕はたまにピュア掲示板に女性が書き込んだ募集投稿数を調査してますが、ワクワクメールの方が必ずYYCの2倍以上多いんですよ。試しに直近で拾ってみた数は次の通り。

■東京都:平日21:00~24:00
・ワクワクメール 76件
・ワイワイシー 30件

公式サイト発表の会員数ではYYCの方が多いのに、活動的な女性の数はワクワクメールの方が圧倒的に多く活気があるってこと。だから、公式の会員数なんてアテにならないんですよ(^_^;)

僕的にはこのようなYYCのゴマカシはブランド価値を落とすだけで、プラスに働くとは思えません。昔はちゃんと真実味のある数字が示されていただけに残念です・・・。

会員の質

YYCはピュアカテゴリーに特化しているので、一見恋人や友達捜しに向いていそうなんですが、実はピュアカテゴリーでのデート到達率もワクワクメールの方が高い。これは僕だけの傾向ではないはずです。

理由の1つは先程触れたように、アクティブな女性会員数がワクワクメールの方が多いため。

もう1つの理由はYYCには出会い目的ではなく、ポイントを貯めてAmazonギフト券や楽天Edyに換える目的で参加しているポイントゲッター(キャッシュバッカー)が多いため。

何だかんだワクワクメールの方がピュア特化型のYYCよりも、真剣に出会いを求める人が多く集まっているというのが正直な実感です。

コミュニケーション機能

メールと掲示板以外のコミュニケーション機能が充実していると、攻略法が豊富になるとともに、より低コストで出会いやすくなります。では、早速比較してみますね。

ワクワクメール YYC
日記
伝言板
つぶやき
チャット
おしゃべり
コミュニティ

ここもワクワクメールが圧倒的に強い!中でも伝言板のひそひそメッセージの存在はデカいです。文字数60文字の制限はありつつも、ポイント消費は2pt=20円でメールの代替えに使えますから。こんなところにも低コストで出会える強みがありますね。

ただ、コミュニティ機能(同じ趣味や価値観の人達が参加するサークル的機能)はYYCの方がコミュニティ数、参加人数ともに多く使いやすいです。

この点は唯一YYCがワクワクメールより優れているところかもしれません。ワクメのコミュニティ機能はまだリリースされてからあまり時間が経っていないので、今後の充実に期待。

サポート

ワクワクメールのカスタマーサポートはメール24時間受付、電話は午前10時~深夜1時までの対応。特に深夜に電話しても人が対応してくれるのは日本の全てのマッチングサービスを見渡しても、ごく少数。安心感が違います。

一方、YYCは「24時間サポート」とうたいつつも、実は電話の問い合わせ窓口がありません。メール24時間と言われても、すぐに返信があるわけじゃないですし・・・。以前は電話対応もやっていたんですが残念です。

サポート面もワクワクメールに軍配ですね。

ワクワクメールとYYC総合比較

まとめかなり本音モードで書いてきましたが、こうして比較分析してみるとワクワクメールの方が断然おすすめなのは明白。なぜか最近のマッチングアプリ紹介サイトではYYCが過大評価されている傾向にあり、僕的には「本当にちゃんと使って評価しているのか」と思ってしまいます。いや、出会えるサイトの1つなのは間違いないですけどね。

YYCはかつて優良出会い系の中でも30代比率高めの落ち着いた雰囲気が特徴で、僕も結構お世話になってました。でもピュア専門になってからは20代比率が急激に上がり、独自の良さがなくなった気がします。

電話サポートもやめてしまうなど、秘かに改悪してますし…。現状のままじゃメインサイトとしては使えないというのが僕の率直な評価です(^_^;)

ワクワクメール特典付き登録
YYC(ワイワイシー)登録

シェアはこちらから